転職活動

@まず、転職サイトに登録すること

とにかく敵を知らなければ、戦うこともできません。 まずはひとつ転職サイトに登録してみましょう! そこから見えてくることもあります。
転職活動を始める前に、どうして転職したいと思ったかを考えてみましょう。 そこには、現在働いている職場への不満があったと思います。この自分の抱いた不満と向き合うことが、次への転職を成功させるカギになってきます。
・給料に見合わない仕事量が不満
残業が多すぎる
・自分のスキルを生かせない
人間関係が合わない  などなど・・・
不満は人それぞれだと思います。不満を明らかにすると自分の希望の転職先がはっきりしてきます。自分の求めている職業をはっきりさせることで転職活動にも入りやすくなります。その希望の職業を自分の力だけで探すのはちょっとした手間がどうしても掛かってしまいます。手間なくスムーズに転職するのに有効な方法、それが転職サイトを利用しての転職活動なのです。
自分一人での転職活動だと時間的な余裕もあまりなく、活動も不十分になりがちですが、転職サイトを利用すると、コンサルタントサポートを受けられるので十分に活動できる環境が整います。コンサルタント相談にも乗ってくれるので頼りながら、自分の希望を伝えながらの活動ができます。

A現職を辞めずに転職活動すること

転職は現職を辞めずに転職活動をすることをおすすめします。

現職を辞めないメリット

・ブランクがなく、転職によって収入が途切れることがない
・社員寮や借り上げ社宅からも計画的な引越ができる
・収入が途切れてないので時間的余裕が持て、譲歩する必要もなく希望条件に合う企業や求人を好きなだけ探せ、待てる
・転職先を決めて退職を申し出ることで、慰留もはねのけやすい
・転職に伴う税金・年金・保険の手続きを自分で行う必要がない
現職を辞めてしまうと収入が途切れてしまい、十分な活動が出来なくなる可能性もあります。活動内容を充実させるというところに重点をおいて活動する、これが失敗しない転職へと繋がるのです。

B企業の目線で自分の経歴をチェック!

今までの自分のキャリアスキルまとめておきましょう。そのキャリア・スキルの目的や成果を掘り下げて考えて、自分がこれまでに身に付けたことは転職先の企業で、どう生かせるかを分析します。企業側の目線で、自分を客観的に見つめ直し、企業がどういう人材を欲しがっているのかと、自分の身に付けたキャリア・スキルのどの部分がぴったりと合うかを照らし合わせてみることが重要になります。
自分を見つめ直すという作業の中から、自分のアピールポイントがみつかると思います。企業側へ自分を知ってもらうために、「こんなことが自分はできる」「こんなことをやってみたい」や、企業側目線で見つけたアピールポイントなどを、より具体的にアピールしましょう。

転職活動に役立つ転職サイトの人気ランキング

※転職サイトの人気ランキングです。転職活動に失敗しないために転職サイトを上手に活用しましょう!

リクナビNEXT
求人数 対応地域 評価
約5000 日本全国・海外
概要
リクルート系の安心感と抜群の情報量で信頼度が高い求人サイト。業種や地域を問わず、多彩な求人情報を得られます。

口コミと詳細を見る>>
詳細を見る
@type
求人数 対応地域 評価
約1500 日本全国・海外
都市部が中心
概要
厳選された求人と専門的な関連サイトで積極的な転職活動が可能です。女性向けの転職情報も充実していて、多様な働き方を実現します。

口コミと詳細を見る>>
詳細を見る
リクルートエージェント
求人数 対応地域 評価
約5万5000 日本全国・海外
概要
求人情報の掲載にとどまらず、積極的な転職サポートを受けられるエージェントサイト。公開求人だけでも常時約1万件、さらに非公開求人は約8万件という情報量の多さに定評があります。

口コミと詳細を見る>>
詳細を見る
マイナビエージェント
求人数 対応地域 評価
約5000 日本全国・海外
概要
就職や転職情報サイトを運営するマイナビグループの人材紹介サービス。約1万社の取引企業数があり、全国から求人が集めています。

口コミと詳細を見る>>
詳細を見る
パソナキャリア
求人数 対応地域 評価
約1万8000 日本全国・海外
概要
関東・関西・東海といった都市部を中心に、多くの企業から求人を集める転職エージェント。好条件の求人も多い。キャリアカウンセラーの丁寧な対応が高評価を集めている。

口コミと詳細を見る>>
詳細を見る